この記事は約 2 分で読めます

食べて痩せる

 

 

実際ダイエットする上で必要なことはしっかりとした食生活を送ることです。

 

ダイエットといえばローカロリーなものをとって、炭水化物を抜いてというイメージですがそれは間違いです。

 

 

摂取する食事のカロリーよりもどう食べるかが重要です。

 

理想的な食事を一日のスケジュールにしたがって書いていきますので是非ご参考にしてください。

 

 

[朝のダイエットメニュー]

 

眠っていた腸を動かすにはまずコップ一杯のお湯を飲むことからスタートしてください。ここで注意して欲しいのは、冷たい水ではなくお湯を飲んでください。

 

白湯ダイエットについてはこちらがご参考になるかと思います。

 

また、お湯を飲んだ後はフルーツを取るようにしましょう。フルーツはなんでもOKですが、脳のエネルギー源である糖分や食物繊維が豊富に含まれているバナナがオススメです。

 

 

[昼のダイエットメニュー]

 

最初に常温の水を飲んでください。これは腸に準備運動をさせるためです。水を飲むことで腸の動きを促します。

 

ランチは基本的に何を食べても大丈夫ですが、夜に飲み会や外食の予定がある場合は軽めにするよう心がけましょう。

 

 

[おやつ]

 

お腹が空く場合はナッツやドライフルーツ、スルメがオススメです。

 

特にスルメは噛み応えがあり、満腹中枢を刺激するのでオススメです。

 

また、最近ではコンビニでダイエット用のおやつが売っているので、常にカバンに入れておいても良いかもしれません。

 

コンビニ用のダイエット食品はこちらをご参考にしてみてください。

 

 

[夜のダイエットメニュー]

 

夜は白より黒いものを摂取しましょう。

 

どういうことかというと、白米より雑穀米や五穀米、白いパンよりライ麦パンや全粒粉のパンです。最近はコンビニなどでブランパンというパンが売られたりするのでこちらもオススメです。

 

 

食べる時間にも気をつけたいところです。寝る3時間前には夜ごはんを食べ終えるようにしましょう。

もし、寝る3時間前に夕食を済ますことができないときは消化のよいものを選び、少し量を減らすように心がけましょう。

 

 

[寝る前に]

 

寝る前にはハーブティーを飲んで腸と自分をいたわってあげましょう。

 

内臓を冷やさないことが大事です。

また、ついついベッドでスマホをいじってしまいがちですがよくありません。

 

寝る一時間前にはパソコンやスマホは触らないようにしましょう。

 

 

いかがだったでしょうか?ほんの少しだけ、腸を整えてあげる習慣を作ってあげることで太らない身体を手に入れることができるので、やらない手はないですよね!?是非試してみてください。

 

少しでも簡単にダイエットしたい皆様のお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

ダイエットしない食べて痩せるダイエット!
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓