この記事は約 4 分で読めます

食べて痩せる

 

 

「ダイエットしているけど、お腹いっぱいになりたい!」という時ってたまにありますよね。私も、ダイエット中でも「たくさん食べたいな」という時がありました。

 

 

この食べたい気持ちを満足させてくれるのが、鍋です。

ここでは、鍋を食べて痩せるための簡単ダイエットレシピをご紹介します。

 

 

鍋の簡単ダイエットは、たっぷり食べられてお腹も心も満足できます。

 

ダイエット中の空腹に負けてダイエットが続かないという人も、食べて痩せる方法は続けやすいですよ。

 

 

1.水分たっぷりでヘルシー

 

鍋は具を食べているうちに水分も摂れるので、水分でお腹が満たされます。

しかも、鍋だと箸で具を取りながら食べるので時間がかかってゆっくり食べることができます。

あと、温かいスープで体が温められるので、強い空腹感が自然と癒されていきますよ。

 

 

ダイエット中に無理な食事制限をすると食物繊維やビタミンが不足して便秘になったり肌が荒れてしまうこともありますが、鍋に野菜やキノコをたっぷり入れればヘルシーに食物繊維やビタミンを補給することができます。

 

 

私は無理なダイエットをしたときにすごい便秘に悩まされましたが、鍋ダイエットをしたときには便秘にはなりませんでした。

 

 

2.具はヘルシーにする

 

ヘルシーといっても、カロリーたっぷりの具材オンリーでは痩せられないのでダイエット向けの食材を選びました。選ぶ基準にしたのは、低カロリーで脂質が少ない具です。

 

 

野菜やキノコ類は低カロリーで低脂質なので、ほとんどOKというルールにしました。

特に好きなのは白菜です。いろんな種類の野菜を入れて楽しみましたが、白菜は毎回入れましたね。

 

あと、しらたきもよく食べました。結んであるやつや、結んでいない糸こんにゃくの形状のものなど、色々あるのでアレンジできます。

 

肉は若鶏のももや胸を使うことが多かったです。

魚はたまにタラなどの白身魚を使いましたが、出汁の関係でほぼ若鶏の肉を使いました。

 

 

3.水炊きレシピ

 

一番よく作ったのが水炊きです。鶏ベースのあっさり鍋で、ポン酢をつけて頂きました。ポン酢以外はカロリーが高いので避けましたが、出汁が美味しいので十分満足できます。

 

 

◆材料(1〜2人分)

・若鶏肉(もも・胸)     各200g
・白菜           1/8カット
・しらたき            6個
・ほんだし       大さじ1(15g)
・顆粒鶏がらスープ   大さじ1(15g)
・水            1リットル
・ポン酢(たれ)        適量

 

 

◆作り方
①食材と調味料を用意
②鍋に水1リットルを入れて沸騰したらほんだしを入れる
③もも肉を入れる
④胸肉を入れる
⑤アクを取る
⑥しらたき、白菜の順に入れる
⑦白菜が柔らかくなったら火を止めて、鶏がらスープを溶かし入れる
⑧一煮立ちさせて完成

 

 

4.アレンジでキムチ鍋

 

水炊きレシピのスープをアレンジすれば、キムチ鍋も作れます。

私はほんだしと鶏がらスープを使わず、市販のキムチ鍋の素を買ってきて作りました。

 

ただし、このままだと味が濃い気がしたので水の量を増やしました。味が濃い時は水の量を足して調整すればいいと思います。

 

 

キムチ鍋にすると体がものすごい温まるので、脂肪が燃えている感じがします。

私はもともと辛いものが好きなので、普通の水炊きに飽きたらキムチ鍋にするという感じで交互に食べていました。

 

 

5.体重が増えても一時的なもの

 

ただし、鍋ダイエットでどんどん痩せるわけではありません。

思いっきり食べた時は、水分の影響で体重が増えることもあります。

 

 

私も初めは「鍋ダイエットで太った!?」と思いましたが、これは水分が増えたから一時的に体重が重くなっているだけです。数日して水分が抜けていけば元に戻りました。

 

もちろん、鍋にご飯や締めのうどんなどを足したらダイエットにはなりませんよ。

私もご飯やうどんは恋しかったですが、我慢して鍋だけにしました。

 

 

まとめ

 

1.鍋は水分たっぷりでヘルシーな料理
2.具をヘルシーにするのがポイント
3.水炊きレシピ
4.水炊きアレンジのキムチ鍋
5.体重が増えても水分による一時的な増加

 

というのが、鍋を食べて痩せる簡単ダイエットで私が実感したことです。

 

ダイエット中には鍋ダイエットにかなり助けられました。

 

水炊きレシピもご紹介してみたので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

少しでも簡単にダイエットしたい皆様のお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。